怖くない・・・?

強い風です。
何かがぶっとんでぶつかってます。

明日も続くらしい・・・。
困ったもんだね。
でも行かなきゃ。

家族と岡崎美術館に行く予定。
http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/exhibition/exhibition.html
ロシアアヴァンギャルドです。
去年強烈なロシアアヴァンギャルドのアニメーションを見ましたのでこちらも楽しみです。
3/28までなのでお早めに!

見たくても許されず

IKEAに2日連続で行ってきました。やっぱあそこは面白いね。
まず2階にあがると、ショールーム的なのがひたすら続く。家具家具家具。ときどき小物。
道がくねくね曲がっているので体感距離も長くなってると思う。
2階は見るだけで、ほしいと思ったものは名前をメモしておく。どれもスウェーデン語の名前がついている。
2階の終わりにはレストランがあって色々食べられるらしい(が、混んでてやめた)。
1階に下りると小物だらけのところで、ここで初めて実際にかごに入れられる。色々安い!
壁掛けの普通の時計が199円だったので買わざるを得なかった(ぇ
テレビを置く台として、金属の足・ガラスの天板の台も600円だったので買うことにした。
小物コーナーを抜けるとそこは大きい家具売り場。
売り場といっても流通倉庫のような感じで、すごく高い天井&ダンボールを収納する高い棚(?)でした。
人件費節約のため客がそこで自分でカートに載せてレジまで運ぶという方式です。業者的な気分で楽しいです(ぇ
9000円で引き出しつきのしっかりした机を買えました。自分用は既に買ってあったので妹用ですが。
いろいろ良かったです。
疲れてるのでとりあえずここで。

体験が記憶になる

今日は明日の引越しのために荷造りをしていました。
色々懐かしいものが出てきました。
あの人とあんなところへ行ったときのレシートとか、9月末に別れを惜しみつつ帰省から戻る時のお土産のレシートとかも出てきました。
レシートって、とっておくとどんなときに誰とどこにどんな目的で行ったのかを思い出せて面白い。
もしかして何かで必要になるかと思って1年間取っておいたレシートは、毎日の昼食とかそういう些細なものは捨てましたが、やはり色々思い出されるものがあってこういうのはとっておくことにしました。
春休みに入りネット対戦将棋のプログラミングとショスタコ映画の翻訳&字幕作成に1ヶ月間没頭したことで今年度のあらゆる体験が記憶になった気がします。
生々しさを伴わない、思い出。
そんな中で記憶力の悪い自分は多くのことを忘れてしまうのですが、こういった手がかりになるものがあるととても楽しいです。幼いころのアルバムを見るかのようです。
ただ、過去を憧れてはいけませんね。過去を懐かしむ程度にしないと、アグレッシブな今後を過ごせなくなると思います。
逆に過去を苦しんでもいけませんね。既に自分でコントロールできない過去が現在へ悪影響を与えるなんてばかばかしいことです。現在を見よう。

過去・現在・未来と、並列して書かれることが多いこれらの単語ですが、過去と未来は現在に従属していると考えたほうがいいかもしれません。
過去というのは、現在も人々に残る記憶、また遺物。
記憶や遺物がなくなってしまったら、その出来事はもう存在しなかったことになってしまうから。
未来というのは、変化する現在、また変化を想定した現在。
未来に何かをするということは即ち、一定時間待った後、その現在(その時点)に何かをするということだから。
突っ込みどころはあるかもしれませんが、最近の自分は現在重視をモットーにしようと思っています。常に最善を尽くせ、というメッセージもこれに近いかもしれません。

人生の1つの転機に来ていると思うので、こういう決意表明みたいなのを書いてみました。
まあ、現在重視というのは、過去を忘れ、未来への計画がもてない自分を正当化してるような気が、書いててしてきましたが。
しみじみ書いてみるのもいいもんだね。
では明日引越し作業がんばってきます。

あ、そういや!
ついったーはじめました。

Macbook Air 購入!

昨日はダスビのショスタココンサートに行ったのですが、その帰りに渋谷のApple Storeによりました。
Macbook Airを実際に触ってみていいかどうか確かめてみたわけですが、これがとてもよかった!
薄いしまあまあ軽い、懸念のペッタンコキーボードもさほど打ちにくいわけではなく、その場で買うことに。
学割の1万円引きを利用すると、安いほうが14万で高いほうが17万。違いは、安いほうはCPUが1.86GHz、HDD120ギガで、高いほうがCPU2.13GHz、SSD128ギガ。高速・書き込み音なし・長寿命?のSSDはまあまあ魅力でしたが、ムーアの法則もあるし、3万円も増やすのは何だと思い安いので満足だと思いました。
そしてさりげなくカードで購入しようとしたところ、エラーが。
そういや確か10万円以上だめだったorz
既に閉店5,6分前で、雨の中急いで近くのファミマに突撃しATMで14万円を下ろしてきました。
4万おろして残り10万をカードで払えばよかったかもしれませんが、制限が10万じゃなくて5万だったときにもう閉店さようならになってしまうのも怖いので、全額キャッシュで払うことにしました。

それで無事購入!
これです!!

comment here

薄っぺらいですね(ぇ

comment here

↑横から見た図 左が手前です。手前側から奥に行くほど厚みがましていきます。

comment here

↑開いて立てたところ。なんだこの薄さは(ぇ

comment here

ペッタンコキーボード。それでも押したときに落差があるので打ちやすいです。
もっとも、ペッタンコでも許せたのは、iPod touchの画面上キーボードに慣れているせいかもしれませんが。

comment here

マウス部分(トラックパッドというらしい)です。
上の部分で指を動かすとカーソルが動きます。2本指でずらすとスクロール。3本指でずらすとページを進む・戻るなどが出来ます。
下のボタンは左クリック。2本指でタッチ+ボタン押下で右クリック。
シンプルな様でいてこんなに機能がつまっています。2本指・3本指とか面倒くさそうに思えますが、軽く1日やっただけで慣れて相当使いやすいです。

comment here

そして軽いです。同志スターリンも軽々片手で(ぇ
youtubeを全画面で見たところです。スピーカはまあまあ普通、画面は綺麗です。
ちなみに画像は、「ベルリン陥落」の最後です。昨日のダスビのコンサートでしょっぱなに演奏されたのがこのベルリン陥落!とても盛大で、生演奏にはもってこいの曲でした。

comment here

横から見ても綺麗です。ただ画面がテカテカなので光が映りこむ。

comment here

これは使用時の見た目ですね。格好いいです。

Mac入門も出来るし、暇な講義・・・もとい暇な休み時間も有効活用できること間違いなしです。

人生の教訓

まだまだ若いのですが、これまでの人生で得た教訓を書いてみることにします。
元々は自分向けです。突っ込みすぎかと思うので、自分で咀嚼して折衷案を作ってください。

  • あとに何か残せることをしろ。 (あとに何か残せないことはするな。)

何かとは、作品やプログラミングソースなど形に残るものから、知識や技術など形に残らないものまで。
何かを残せると、今後の人生が豊かになるだけでなく、あとから充実した人生だったなと思い返せます。

自分の場合は高校時代オンラインゲームにはまっていましたが、今となっては多少の思い出と、押しすぎて印字がはがれたキーボードしか残っていません。はっきり言うと、時間の無駄です。
オンラインゲームやテレビゲームなどは、誰かと親睦を深めるためか、気分転換にとどめるべきです。さもなくば、一生の趣味にしプロフェッショナルになる覚悟で望んでください。
それらを暇つぶしにしてもいけません。暇は、あなたが「あとに何か残せること」を見つけることが出来ていないからこそ生まれるのです。

歴史に名を残せといっているのではありません。あくまであなたの人生の中でです。

  • そういう人もいる。そういう場合もある。

世の中にはいろんな人がいるので、嫌な人がいても軽く応対しましょう。たまたま運が悪かっただけです。
世の中ではいろんなことが起こるので、嫌なことがあっても軽く応対しましょう。たまたま運が悪かっただけです。

嫌な人の悪口を言ってはいけません。
悪口を言うあなたは、あなたを嫌っている人から悪口を言われることを承諾しているようなものです。

  • 過ぎたことは気にするな。

過ぎたことは悩んでも変えられません。過去を反省し今後に生かすことは必要ですが、過度に悩んだり「たられば」を考えたりしてはいけません。

あなたが生まれてきたことについて考えるとします。
あなたが生まれるには両親が出会っていなければいけません。それ以前に両親の両親が出会ってなければいけません。それを生物の誕生時点まで繰り返すと、あなたが生まれてくる確率は限りなく0に近かったということになります。
でも、あなたは今ここに生きています。あなたは偶然に偶然が重なって生まれてきたのか、それとも生まれるべくして生まれてきたのか、どちらでしょう。後者の立場を取ったほうが、気が楽ではないでしょうか。

  • 悩んだら、とりあえず寝ろ。

起きてたら考えてしまいますので、寝ましょう。
特に悩んでも悩まなくても変わらない場合、時間による解決につながります。

ひとまずここまで。

<< 前 :: 次 >>