体験が記憶になる

今日は明日の引越しのために荷造りをしていました。
色々懐かしいものが出てきました。
あの人とあんなところへ行ったときのレシートとか、9月末に別れを惜しみつつ帰省から戻る時のお土産のレシートとかも出てきました。
レシートって、とっておくとどんなときに誰とどこにどんな目的で行ったのかを思い出せて面白い。
もしかして何かで必要になるかと思って1年間取っておいたレシートは、毎日の昼食とかそういう些細なものは捨てましたが、やはり色々思い出されるものがあってこういうのはとっておくことにしました。
春休みに入りネット対戦将棋のプログラミングとショスタコ映画の翻訳&字幕作成に1ヶ月間没頭したことで今年度のあらゆる体験が記憶になった気がします。
生々しさを伴わない、思い出。
そんな中で記憶力の悪い自分は多くのことを忘れてしまうのですが、こういった手がかりになるものがあるととても楽しいです。幼いころのアルバムを見るかのようです。
ただ、過去を憧れてはいけませんね。過去を懐かしむ程度にしないと、アグレッシブな今後を過ごせなくなると思います。
逆に過去を苦しんでもいけませんね。既に自分でコントロールできない過去が現在へ悪影響を与えるなんてばかばかしいことです。現在を見よう。

過去・現在・未来と、並列して書かれることが多いこれらの単語ですが、過去と未来は現在に従属していると考えたほうがいいかもしれません。
過去というのは、現在も人々に残る記憶、また遺物。
記憶や遺物がなくなってしまったら、その出来事はもう存在しなかったことになってしまうから。
未来というのは、変化する現在、また変化を想定した現在。
未来に何かをするということは即ち、一定時間待った後、その現在(その時点)に何かをするということだから。
突っ込みどころはあるかもしれませんが、最近の自分は現在重視をモットーにしようと思っています。常に最善を尽くせ、というメッセージもこれに近いかもしれません。

人生の1つの転機に来ていると思うので、こういう決意表明みたいなのを書いてみました。
まあ、現在重視というのは、過去を忘れ、未来への計画がもてない自分を正当化してるような気が、書いててしてきましたが。
しみじみ書いてみるのもいいもんだね。
では明日引越し作業がんばってきます。

あ、そういや!
ついったーはじめました。

Trackback address for this post

Trackback URL (right click and copy shortcut/link location)

Feedback awaiting moderation

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 58 件あります....

コメントを残す


あなたのメールアドレスはこのサイト上には公開されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(利用者がメッセージ・フォームを用いてあなたにメール送信することを許可します (あなたのメールアドレスは公開されません)。)