午前12時、午後12時。昼?それとも夜?

午後12時は昼?夜?という議論について提言。(議論ないけど)

ここで問題になっているのはこの点です。
 ・午後12時というのは、昼なのか夜なのか。
(以下、わかりにくいので「正午=午前12時」はA側、「正午=午後12時」はB側と書くことがあります)

午後12時は昼か夜かというのは、法的には夜なのだそうです。これは明治五年の布告によるものだそうです。
(1日が 午前零時、即ち午後十二時、子刻 から始まると書いてあります。)
昼は午前12時、午後0時ということです。A側が正解。
(しかし、英語圏で12:00pmはランチタイムなのだそうです!B側。)

違うのでは、と思っている人(B側)の理論は、
・正午から10分進んだら午後12時10分、つまり正午は午後12時00分
・真夜中の12時から次の日が始まるので午前の12時であり、お昼の12時は午前→午後になるから午後12時では?
といった感じではないかと思います。
これの反例について考えて見ます。

まず、普通に朝から昼にかけての時刻を並べてみると、

 昼=午前12時の場合(A側)
午前10時
午前11時
午前12時*
午後1時

 昼=午後12時の場合(B側)
午前10時
午前11時
午後12時*
午後1時

となり、B側は AM11→PM12→PM1 というおかしな移り変わりになってしまいます。
午後12時の1時間前は午後11時では?
午後12時の1時間後は、なぜ11時間マイナスした表記になっている?
という感覚的な矛盾が出てきてしまいます。

また、このようにも示せます。
正午は午後0時であるというのは異論はありませんね。
放送関連はこれに則っていますし、「1分01秒の1秒前が1分00秒」「10時01分の1分前が10時00分」と同様に「20日1時の1時間前が20日0時」というのはなんの違和感も無いと思います。
となると、「昼=午後12時」論によると、
正午=午後12時=午後0時
となってしまいます。これはおかしいですね。

例えば、
「午後2時は正午(=午後12時)の10時間前である
「午後2時は正午(=午後0時)の2時間後である
という2つの矛盾する事柄を意味してしまいます。

また、議論を見ていて両者の認識の違いに気付きました。

A側「午前12時=正午」論者曰く、「午前11時に1時間を足すと午前12時、午前11時の1時間後は正午。よって、正午は午前12時
B側「午後12時=正午」論者曰く、「10分進めたら午後12時10分=昼。よって、正午は午後12時

なぜこんな同じような論理展開で違う主張ができてしまうのでしょうか?
答えは簡単です。片方の論理に穴があります。それは後者のB側です。
論理の中で、「午後12時10分=昼」とすることが間違っているのではないでしょうか?

そもそも、B側は何故午後12時10分は昼と認識したのでしょうか。
それは、24時間表記との混同のせいではないでしょうか。

(12時間表記というのは、1日をAM0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11 PM0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11 時で表すこと、
24時間表記というのは、1日を0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24時で表すことです。)

24時間表記 12時間表記
--------------------------
11時00分  午前11時00分
11時50分  午前11時50分
12時00分  午後 0時00分
12時10分  午後 0時10分*
13時00分  午後 1時00分

いま、24時間表記においての12時10分のことを指し示そうとします。
このとき、正午を過ぎたばかりということを明示する為、「午後の12時10分」としてしまうことで、イメージ的に「午後12時10分=お昼すぎ」となってしまうのではないでしょうか。
つまり、24時間表記と12時間表記をごっちゃにしてしまったというわけです。「午後12時10分」と「12時10分(午後)」
B側の人が思っている「午後12時10分」は正確には、「午後である、24時間表記においての12時10分」のことだったのです。

よって、時間を進めたり戻したりするロジックにおいても、B側の説明はつかないことになります。

というような具合で、B案は論理的に考えてみるとどうもおかしいということがお分かりになると思います。

ここでひとつ提案をします。
時間表記はこうしたらどう?という一案です。


 24時間表記   12時間表記
-----------------------------------
  0時      AM 0時
  1時      AM 1時
  2時      AM 2時
  3時      AM 3時
  4時      AM 4時
  5時      AM 5時
  6時      AM 6時
  7時      AM 7時
  8時      AM 8時
  9時      AM 9時
 10時      AM10時
 11時      AM11時
 12時      PM 0時 or AM12時
 13時      PM 1時
 14時      PM 2時
 15時      PM 3時
 16時      PM 4時
 17時      PM 5時
 18時      PM 6時
 19時      PM 7時
 20時      PM 8時
 21時      PM 9時
 22時      PM10時
 23時      PM11時
翌00時 or 24時 翌AM 0時 or PM12時
翌01時 or 25時 翌AM 1時(or PM13時)
  :       :
  :       :

この規格(?)の基本方針は、すんなりと。(=同じ記号・表記のときは数字が+1ずつ加算されていく
AM5,AM6,AM7のように増えていって、終点もAM11,AM12のようにすんなりと。(PMも同様)
開始点も、AM0,AM1,AM2のようにすんなりと。(PMも同様)
放送等で一般化している24時(=翌日0時)、25時(=翌日1時)表記は、時刻が23時、24時、25時になるのは、すんなりとしていて基本方針に合っているのではないか?(23時からテレビを数時間見続けたと考えると解りやすい。)
PM13時というのは、すんなりとはしているもののちょっとムリがあるか(AM13時も存在するのか?という疑問が沸く)と思うので括弧にしておく。

これでどうでしょうか。
もしなにかの契機に統一基準を作るようだったらこんな案も参考にしてみてはどうでしょうか。(何様だ)

また、この記事に対する反論や疑問があればなんなりとコメント欄に書き込んでください。考えたいと思います。
以上、長々とお付き合いありがとうございました。

Trackback address for this post

Trackback URL (right click and copy shortcut/link location)

Feedback awaiting moderation

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 1116 件あります....

コメントを残す


あなたのメールアドレスはこのサイト上には公開されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(利用者がメッセージ・フォームを用いてあなたにメール送信することを許可します (あなたのメールアドレスは公開されません)。)