りなざうにエミュレータを入れてみた

久々に機械系の話題に入ります。
まあでも、解りやすい説明も書いておきます。

・エミュレータとは?
ニンテンドーなどいろいろなところで作られて市販されているゲームソフトをパソコンなど(今回はZaurus)で動かすというものです。
例えば、
ファミコン(NES, FC)、スーファミ(SNES, SFC)、ゲームボーイ(GB )、ゲームボーイアドバンス(GBA)などなどなど。。。

パソコン、PDA
で動かしちゃおうというわけです。

今回は、それら全てをザウルスで動かします。

市販されているソフトのデータは、専用機器にそのソフトを差し込んで"吸出し"を行わないといけません。
違法にアップロードされているものを使うという手段もありますが。
(アップロードして誰もがダウンロードできるようにするのは違法だが、個人利用の為のダウンロード、コピーは合法だそうです違法という噂があるのでわかりませんが、表立ってお勧めできません。暇なら著作権法読んでみて

ZaurusはSL-C1000なんですが、なかなかうまくいきませんでした。
一応、構造としては
znerter ファミコン(NES, FC)のエミュレータ
zgnuboy ゲームボーイ(GB )のエミュレータ
VisualBoyAdvance
ゲームボーイアドバンス(GBA)のエミュレータ
snes9x スーファミ(SNES, SFC)のエミュレータ
と、それらのフロントエンドの「ZemuFE邪道版」

フロントエンドというのは、上のエミュレータを動かすときにGUIで、すなわちグラフィカルに開始することが出来るということです(?
(もともとのエミュレータ自体は全部コマンドライン(CUIの環境)で動いています。)
エミュレータだけで起動できます(コマンドを打つ)が、フロントエンドがあると視覚的に、わかりやすく起動できます(アイコンを押してファイル選ぶだけ)

下記のサイトじゃないところをみて頑張って入れましたが、znesterとzgnuboyは入ったのにどうにもVBAとsnes9xが入りませんでした。
でもこのサイトにあるようにやったらできました。

ちょっとテスト前なので端折りますごめんなさい。
http://linuxzaurus.blog47.fc2.com/blog-entry-16.html
VisualBoyAdvanceは音声、画面共にガタガタで使い物になりませんでした。(スワップどうのでうまくいくと目にしたがどうなんでしょう)
でもこれで、ファミコン、スーファミ、ゲームボーイのソフトは全部動くようになりました。盤ザ愛。
今度の帰省の移動のとき遊ぼう。

VBAの動きが遅いのは、クロックアップという方法で改善されるそうです。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~bobby/c1000cust05.html
空SDorCFがないので今度にしますが、面白そうです。電圧上げたり楽しそうだ。

P.S. このブログ、「B」+「)」とやるとB)という顔文字が。。。始めて知った

Trackback address for this post

Trackback URL (right click and copy shortcut/link location)

Feedback awaiting moderation

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 1133 件あります....

コメントを残す


あなたのメールアドレスはこのサイト上には公開されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(利用者がメッセージ・フォームを用いてあなたにメール送信することを許可します (あなたのメールアドレスは公開されません)。)